プロフィール

Reiko

Author:Reiko
LEON
Italiangreyhound♂

Favorites
お風呂 ひなたぼっこ 山歩き 挨拶(kisskiss)

好きな言葉「食べ放題」

いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
World Time
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
SanDiego
英語版コビトニュース
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット保険(Welness Plan)

6歳の誕生日のあと、ペット保険に加入しました。

snap_leonig_2011369635.jpg

こちらでは、人間の医療費がびっくりする程高いので、動物はどうだろう?と思っていたのですが、日本以上に”高い”らしいです。家から車で5分ほどの場所に、スーパーマーケット、ファストフード店、映画館などなどが入っているモールがあり、その一角にある大型のペット用品店Pets Mart(ペッツマート)に併設されているクリニックを勧められたので、そこで加入することにしました。

保険の種類はこちら
http://www.banfield.net/optimum-wellness-plans-dogs

最初は一番ベーシックなプランに加入するつもりでしたが、プラス5ドルで歯のケアもしてもらえるプランがあると言われ、そちらに加入しました。毎月39.95ドル(1ドル85円で計算して、約3,400円)です。1年間継続したとして日本で入っていた保険より少し高めですが、日本と違って、狂犬病ワクチンや混合ワクチンもカバーされるので、ややお得感はあります。

PM003.jpg

カバーされるVaccinations(ワクチンの種類)は上から、
狂犬病、ジステンパー、アデノウイルス、パラインフルエンザ、パルボウィルス、レプトスピラ、ボーダーテラ、ライム病です。ボーダーテラは日本語の百日咳のことで、こちらでは狂犬病ワクチンと同じくらい義務付けられていて、ペットホテルなどは、狂犬病とボーダーテラのワクチン接種がないと預かってくれません。
レオンは、渡米前に狂犬病も混合ワクチンも接種済みで、証明書を持参していたので、この日はボーダーテラのみ接種してもらい帰宅しました。

PM001.jpg

あと、3月にデンタルクリーニング(歯石取りなど)の予約を入れたので、数日前から服用する抗生物質薬(保険適用のためフリー)、耳掃除用のクレンザー(保険外)、フェラリア予防薬(保険外)を処方してもらいました。
『フェラリアの薬はどうする?いる?』と尋ねられ、私はこれまで数回サンディエゴを訪れていますが、今まで蚊にさされたことがありません。Hに尋ねても、”サンディエゴで蚊を見たことはない”らしいのですが、やはり日本人だからでしょうか・・・フェラリアの薬を飲まない飲まないまま夏を越すのって不安で処方してもらいました。こちらでは、日本ほど必要とされている薬ではないようです。

PM004.jpg

次回は、3月のデンタルクリーニングの結果について書きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

> bis-mamaさんへ

まずは・・・
ご親戚、知人友人の方など、地震の被害はありませんか?
TVで見る、日本の変わり果てた姿に驚いています。

アメリカのワクチン接種は、州によって規定が異なるのですが、
少なくとも2年に一度、だいたい3年に1度でOKらしいです。

他にカリフォルニア州では、法律という訳ではないそうですが、
犬の外飼いや、車での留守番も禁じられてるそうです。

所変わればで、必要なワクチンの種類も違うんですね~。
そういえば、アメリカでは
ワクチンは3年に1度が主流と聞いたのですが
本当ですか?

レオン君、ちょっと不安そうなのは
歯石取りの予約を聞いたのかな~(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。