プロフィール

Reiko

Author:Reiko
LEON
Italiangreyhound♂

Favorites
お風呂 ひなたぼっこ 山歩き 挨拶(kisskiss)

好きな言葉「食べ放題」

いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
World Time
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
SanDiego
英語版コビトニュース
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blue Wave

今、サンディエゴの海が青く光っているらしい

という話を聞いて、昨夜、ビーチへ行ってみました。

夜なのでビーチは真っ暗。
海の色なんてよく分からないけど~と思いながら見てみると 



すごい!
光ってました

Blue02.jpg

詳しい経緯は分からないのですが、先日の大停電が原因で下水が海に流れ込み、大量のプランクトンが発生し、いわゆる”赤潮”の状態になり、海の色が変化しているそうです。

こちらに動画もあります

http://www.signonsandiego.com/news/2011/sep/27/red-tide-causing-stunning-bioluminescence-san-dieg/

スポンサーサイト

Baby sigh(ベビーサイン)

先日、娘と一緒にBaby sign(ベビーサイン)のクラスに参加してきました。

サンディエゴはフリーのアダルトスクールが充実していて、特に人気があるのは、ESL(English as a second langage)という、英語を第二言語として学ぶクラスです。私も以前からこのクラスには是非是非参加したいと色々調べていたのですが、乳児連れで出席できるはずもなく・・・

やっとみつけた乳児連れで参加出来るクラス、それがこのベビーサインのクラスでした。
ちなみにベビーサインとは、まだ言葉を話せない子供が使う手話のようなものです。

当日やってきた先生によると、このクラスではベビーサインではなく、子供と一緒に遊んだり、子育てに関するアドバイスやディスカッションなどを行うとのこと。ちょっと残念ですが、まあ、フリー(無料)ですし、娘も色々刺激を受けるでしょうから、続けて参加してみようと思います。




音楽に合わせてBabyの顔を上でリボンのようなものをヒラヒラさせたと思ったら、つぎは抱き上げてママと一緒にスウィング~~なんてこともさせられて、2時間のクラスが終わる頃には私はぐったりでした。

2時間ずっと英語漬けというのも、娘が生まれる前にマタニティーのクラスに通った時以来なので、大して難しいことは言われていないはずなのに、それもかなり疲れた気がします。
普段いかに英語に触れてないかバレバレですね。

0912bs01.jpg

でも、この方はけっこう嬉しそうでした


このクラスの方に、うちの近所のモールに入っているpottery barn kidsで、読み聞かせがあってることを教えていただいたので、早速翌日行ってみました。

が、読み聞かせには遅刻してしまい、Curious Georgeと一緒に記念撮影のみしてきました。

0912bs03.jpg

Curious George・・・
おさるのジョージ・・・

私が小さい頃にもジョージの絵本シリーズを読んでた覚えがあるのだけど、その頃は『ひとまねこざる』シリーズだったよな~?と思いながら、ウィキペディア先生に尋ねてみると、なんと

年代で名前が変わったのだそうな。

ホホホ・・・歳がバレますね。

Yosemite National Park(ヨセミテナショナルパーク)1日目 その2

いや~
こんな遠いところまで、レオンと一緒に旅行出来たなんて感激です
しかも子連れ・・・
私は15年程前にここに来たことがあるのですが、その時はこんな自分の姿、想像もしてなかったよ~

      

まぁ、この1人と1匹はなんの感動もしてないんだろうけど 

YM008.jpg

グレイシャーポイントを見たあとは、Tunnel View(トンネルビュー)というポイントを通り、宿泊先へ向かいます。
中央左がエル・キャピタン、世界一大きな一枚岩です。
写真ではよく見えませんが、中央奥にハーフドームも見えます。

YM009.jpg

ここでも、レオンは人気者でした。
こちらでは、『この子は、グレイハウンド?それともウイペット?』とよく尋ねられます。
もちろんイタグレを知っていて、『イタリアングレイハウンドよね?』とか『IGでしょ?』と尋ねられることもありますが、イタグレより、グレハンとウイペットがよく知られているみたいです。

あと、日本と違うな~と感じるのは、『レスキューしたの?』、『どこからアダプト(養子縁組)したの?』と尋ねられることです。ブリーダーさんから犬を購入するというのは、とても珍しいことのようです。每朝見ている朝のニュースでも必ず、犬又は猫の養子縁組募集のコーナーがあります。




公園内のホテルはペットの宿泊ができないので、公園の西ゲートに近いエルポータルのペットフレンドリーなお宿、Yosemite View Lodgeに泊まりました。レオン連れの追加代金は$11です。私たちはここに2泊しましたが、これは2泊の代金ではなく、1回の宿泊に対する追加代金でした。恐らく、3泊しても4泊しても、$11です。やっすぅ~い

YM011.jpg

部屋にはキッチンが付いていました。他には、レストランが一つと、ピザ屋が一つ、売店で飲み物や簡単な朝ごはん等を買うことも出来ます。各建物ごとのプールもありました。

YM012.jpg

部屋のテラスは川に面していたので、夜は水の流れる音を聴きながら満点の星空を眺めることが出来ました。

YM018.jpg

2日目につづく

テーマ: イタリアングレイハウンド
ジャンル: ペット

Yosemite National Park(ヨセミテナショナルパーク)1日目

9月3~5日、Yosemite National Park(ヨセミテ国立公園)へ行ってきました。

サンディエゴからは車で7~8時間です。車の中で食べるおにぎりを握ったり、娘にミルクを飲ませたりなどの支度もあったので頑張って朝3時半に起床し、6時に家を出発しました。

YM001.jpg
まず、近所のEinstein bros bagleで朝食を購入しました。早朝6時から開いてるのが嬉しいです。ベーグルをトーストしてクリームチーズを塗ってもらいました。ここのクリームチーズ、濃厚でとっても美味しいのです。

そしていよいよ出発。時計は6:23でした。

まず、LAXの近くまで私が運転しました。
早朝だし、土曜日だったので通勤ラッシュもそれほどではありませんでしたが、思っていたより交通量は多かったです。

8:00 LAX付近で一旦フリーウェイを降りて休憩&娘のミルクタイム。
車の中でオムツも交換して、8:30出発。

YM003.jpg

このあと、Bakersfieldという街まで一気にHが運転。LAXを過ぎてしばらく走ると、こんな殺風景な景色が広がります。この辺り、かなり気温が高かったです。

YM002.jpg

このあと、再び私がハンドルを握って出発したのですが30分も走らない内に娘がぐずり始め、Hがいろいろやってみましたが、どーーーしても泣き止まず・・・
仕方なく再びフリーウェイを降りて、運転手交替。

そこから、フレズノまでHが運転。
フレズノから、又、私が運転しましたが、やはり1時間もしないうちに娘がぐずり始め、路肩に車を止めて、またしても運転手交替。

結局、この日はヨセミテに着いてからもずーーーっとHが運転しました。
どうもお疲れ様~

YM005.jpg

ヨセミテ公園に到着してから最初に向かったのは、Glacier Point(グレーシャーポイント)です。ハーフドームが真正面に見える見事な景色です。

YM004.jpg

そしてそして、じゃ~~~ん!!

今回の旅にはレオンも同行いたしました。

YM007.jpg

国立公園は自然や景観保護のため、ペットの同伴は規制されている場所が多いのですが、ヨセミテでは舗装された場所は全てペットOKなのです。

YM016.jpg

それにしても、レオン。
どこへ行っても人気者です。カワイイ~カワイイ~と褒めてもらいました。

つづく

テーマ: イタリアングレイハウンド
ジャンル: ペット

Blackout in SanDiego

9月8日木曜日午後3時半過ぎでしょうか、家中の電気がプッツリ切れました。

時間が経つにつれて、かなり大規模な停電だということが分かったので、仕事でサンディエゴへ来られていたI先生ご夫妻を、急遽、我が家の夕食にお招きすることにしました。街中のレストランやスーパーは早々に店じまいしてしまっていたからです。夕食にお招きする・・・と言っても停電しているので、カセットコンロでご飯を炊いて、小さなバーベキューグリルで冷凍庫の中で溶けてしまうであろう肉類を焼くだけの夕食です。

コンドミニアムのプールサイドには大きなバーベキューグリルが備え付けてあるのですが、ペット立ち入り禁止のため、別の場所でレオンも一緒にBBQをしたいね~と、つい先日チャリティーバザー購入した$2のBBQグリルが大活躍しました。ありがとうレオン!

バルコニーでお肉をジュージュー焼き、キャンドルの灯りの中で白いごはんと一緒に食べました。I先生ご夫妻はサンディエゴに12年間住んでらした方なのですが、こんなに大規模で、しかも突然の停電は初めてということでした。

結局、深夜1時すぎに電気は回復しました。
南カリフォルニアからアリゾナの一部、メキシコに至る大規模停電だったようです。原発の原子炉も緊急停止したため放射能漏れが心配されていましたが大丈夫でした。

ところで、停電でお湯が沸かせないとミルクが作れないのでは?と心配してメールをくれた友人がいました。
(心配してくれてありがと~
でも、アメリカにはすっごく便利なミルクがあるのです!

じゃーん!液体ミルクです。

BO001.jpg

これ、上のキャップを空けて、使い捨てのニップルを装着するだけで、すぐに飲めるのです。
もちろん温めたりする必要もありません。

私は日本にこのタイプのミルクが無いことを知らなかったのですが、法律上、製造が禁止されていて、輸入も出来ないそうです。3月の震災後、こちらの日本人のお母さんたちが、是非このミルクを被災地に届けたいということでメーカーに支援を依頼し、準備していたらしいのですが、結局は日本側のOKが出なかったそうです。ちなみに、こちらは粉ミルクもお湯ではなくて、水で溶きます。楽チンです

後ろに写っているstaubの鍋でご飯を炊いたのですが、ほんのりオコゲが出来て美味しかったし、保温性も抜群でした。いつもは炊飯器を使うのですが、近々また、鍋炊飯してみようと思います。

テーマ: イタリアングレイハウンド
ジャンル: ペット

Mission Basilica San Diego de Alcala

Mission Basilica San Diego de Alcalaは1769年、現在のOld Townの場所にスペインによって建設されたカリフォルニアで最初のミッションです。「サン・ディエゴ・デ・アルカラ」というスペインのお祭りからその名をとり、それが後に「サン・ディエゴ」というこの街の名前になったのだそうです。

MS007.jpg

1774年、現在の場所に移転したため、近くには Mission Bay や Mission Valleyなどミッションと名のつく地名が多く残っています。北アメリカの植民を進めるため、先住民にキリスト教を布教することを目的として建てられたもので、長い歴史の中で繁栄~衰退~再建と様々な変化を強いられたようですが、現在もカトリックの教会として使われています。

MS001.jpg

日曜の午後訪れたのでミサは終了していましたが、私の様にカメラを持った観光客が他にもちらほらいました。

MS002.jpg
中庭への入口

      MS003.jpg

中庭を散策したあと、礼拝堂への入口へ向かうと”ペットはサービスドッグのみ”との表示がありました。仕方がないので礼拝堂の見学は諦めて、売店だけでも覗いて帰ろうと思いストローラーの下に入ってるレオンを見せて入店してもいいか尋ねたところ、礼拝堂の方へ行っていいか尋ねていると思ったらしく”大人しくさせていればOK"と許可をもらえました。

MS004.jpg
入口付近にストローラーを置いて、ささっと写真撮影のみしました。

MS006.jpg
レオン「おりこうさんにして、まってたよ~」

MS005.jpg
まほ「あたちは、ねてまちた~」

カリフォルニアには全部で21のミッションが建設されたそうです。中には当時の建物がそのまま保存されている場所もあるようなので、帰国までにもう一箇所位行ってみたいなぁと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。