プロフィール

Reiko

Author:Reiko
LEON
Italiangreyhound♂

Favorites
お風呂 ひなたぼっこ 山歩き 挨拶(kisskiss)

好きな言葉「食べ放題」

いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
World Time
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
SanDiego
英語版コビトニュース
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでの出産

渡米前、「アメリカで出産って勇気ありますね~」とよく言われました。

いえいえ、勇気がないから、アメリカで出産するんです。
だって、無痛分娩の国ですから。

感想は・・・『無痛分娩最高!』です。

個人差はあると思いますが、私の場合、
無痛分娩の為の麻酔”エピドュラル”が効き始めてからは、
ウソのように陣痛の痛みから解放されました。
体力的にかなり楽だったんじゃないかなぁと思います。

HP007.jpg
 出産を担当したくれたドクター

HP002.jpg
 3,040グラムでした

ただあとから出産シーンのビデオや写真を見ると、
麻酔が効いて、かなりいい気分でいる私は、
我が子との初対面のシーンでも、感動で涙ぐむことさえなく、
酔っ払いの様にヘラヘラ陽気で、よくテレビなんかで見ていた、
『感動の出産シーン』とは程遠いものでした。


HP009.jpg

分娩後、看護師さんがフルーツを持って来てくれました。
すごくお腹が空いていて、この他にサンドイッチもオーダーして食べました。
出産って体力が必要なのですね。

HP008.jpg

こちらの病院(産科だけかな?)は、病院食も朝・昼・晩とメニューが配られ、
好きなものをオーダーします。
朝食は、フレンチトーストとシナモンロールを頼んでみました。
夕食のメニューにはステーキ等もありました。

HP004.jpg

あと、こちらでは新生児用のカーシートが必ず車に装着されていないと退院出来ません。
この後ろ姿の看護師さんは、我が家の車にカーシートが付いているかどうかの確認のため、
退院時に一緒に車までついて来たのです。

HP005.jpg
自宅にて・・・レオン兄ちゃんと初対面!

HP006.jpg
レオン『だれ?だれ?だれなの???』

相変わらずレオンは、Babyが気になって仕方ありません。
夜泣きの時も、走って駆けつけます。
レオンが育児疲れしないといいのですが・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。